読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い切って距離を詰めて

Perfumeゆかちゃん、NEWSまっすー、映画、小説。言葉に出さなくっちゃ、伝わらない。

シザーハンズ 感想

映画
こんにちは!
雨が降ってやることもないそんな時は映画!今回はジョニーデップ主演の「シザーハンズ 特別編」を観ました。特別編ってどういうことかは、わからないです(笑)
f:id:chibicoro28:20150906180220j:image

前期の授業で好きな映画を教え合うっていうのがあって、その時2人くらいが「シザーハンズ」を勧めていて、観たいなとずっと思っていました!やっと観れました。
ぶっちゃけて言うと、ちょっと期待しすぎたかなという感想。自分が期待しすぎて物足りないっていうパターンは私の中でとても多いです(笑)期待しすぎる癖治したい。

個人的にはこれで終わるんか!?っていうちょっとモヤっとする終わり方でした。小さな町によそ者がやってきて、馴染めなくて、結局一人ぼっちの暮らしに逆戻り。これだけじゃないですけど、ざっくり言うとそんな映画。ある意味すごい現実的だなと思いました。これがあの手でみんなとずっと仲良しなんて終わり方だったらきっとこの映画面白くないもん。でも、私としては、あのテレビ出演の場面で言われていたような、実際にみんなと同じになってヒーローでなくなって、、というのも見たかったり。

インタビューでジョニーデップが手がハサミになった気持ちを聞かれていて、障害者になった気分。と言っていました。みんながドアを開けてくれて、飲み物を飲ましてくれて。本編にも障害者どうこうみたいなセリフがありました。「シザーハンズ」には他者とは違う自分が描かれています。とてもわかりやすい形で。誰が見てもはっきり自分たちとは違う人間を人は受け入れることが難しい。同じ人間だけど、違うのは手だけのはずだけど、やっぱり違う。私は障害をもっている方にどんな風に接しているのかと考えさせられました。「シザーハンズ」単なるラブストーリーではないと思います。

個人的に好きなシーンがチラホラ!
クッキーを作る機械たち。なんとも言えない可愛さ。エドワードの心臓はハートのクッキー。素敵です。
美容室(仮)での色仕掛け(笑)ここは思わず笑ってしまいました(笑)おばさん、何やってんねんと(笑)この人、最後の城での表情が、本当にエドワードがどうなったか心配、気になる、といった感じで、私が思っていたより本気でエドワードのこと好きやったのかなとも。
キムが雪の中踊るシーン。ここはとにかく綺麗でした!これが最後の雪が降る理由にも繋がっているところがまたロマンチック。あれ?エドワードって死なないの?とか疑問がうまれたのも事実(笑)
町の風景。カラフルなお家にカラフルな車。とにかく可愛い!シルバニアファミリー的な。小人の町的な。わざとらしいくらいのミニチュア感が素敵でした。この映画、観る前は重い系だと思っていたのですが、この町の風景だったり、クリスマス、BBQ、と暗い重たい感じが意外となくてびっくりでした。このおかげで観やすかってです。
エドワードの歩き方、目線、ハサミの動き。コミカルで、エドワードの純粋さが溢れていました。

1番の感想は、ジョニーデップ若っ!!だったり。