思い切って距離を詰めて

Perfumeゆかちゃん、NEWSまっすー、映画、小説。言葉に出さなくっちゃ、伝わらない。

5月1日。

5月1日。
32歳の誕生日おめでとうございます!!!!
f:id:chibicoro28:20160502010201j:image
誕生日おめでとうと産まれてきてくれてありがとうの気持ちを込めて。

抜群のスタイルとかツルツルのお肌とか、切れ長の瞳とか、そんな完璧な外見と、優しさ200%の心で、慶ちゃんは存在していて。
そんなあなたが守ってくれたNEWSを、今度は私も守っていきたい。
NEWSを残してくれてありがとうございます。私がまっすーに出会えて、NEWSを応援できるのは、小山さんがあの時必死に行動してくれたおかげだと思います。
そして、産まれてきてくれてありがとうございます。これからも、地球も包み込んじゃいそうな包容力で3人を見守りつつ、3人にいじられる、そんな小山さんを見続けたいです。

「紙の月」 感想

映画「紙の月」の感想です。
私の近所のTSUTAYAは木曜日に準新作DVDが半額になることが多々あります。有難いです。
f:id:chibicoro28:20160227172725j:image
原作は角田光代さん。最近、角田光代さんが私の中できてます。

面白かったです。
なんと言って〝音〟がすっごいよかったです。リカが青年(あれ?名前思い出せない?)の側のホームへ登場するところからラブホテルへの音楽が最強によかった。綺麗で、エロくて、これから始まる2人の関係、そんないろいろと音楽がばっちり合っていて大好きなシーンです。
リカが初の大きな横領をするシーンも音が素敵でした。リカの速い心音と宮沢りえさんの落ち着かない目線。こっちまでドキドキしてくる、そんなシーン。音ってすごいと思いました。

美しすぎる横領犯が現実的ではないけれど、その周りの、若くて責任感もない女性社員とかやたら真面目な上司、自分の地位のために不正を行う幹部、自分勝手な夫、など現実にいかにもいそうな人たちばかりで固められていたから、現実味のある作品だったなと思います。

個人的には終わり方も大好きです。
リカが窓ガラス割るところは衝撃でした。自由を手に入れるためには、ここまでしないといけないのかと。
最後は刑務所行って終わりでしょと思っていたので、外国にまで行って逃げ続けている、自由を求め続けているっていう終わり方が意外でした。
募金の青年も生きていて、会えたというのも少し報われたのではないかと思います。同時にリカが父親の財布から大金を盗んで寄付をし続けなくても、あの青年は生きてこれたんだなとも思いました。

横領に関しては、麻薬と同じような中毒性を感じました。1回目が成功すると、もっともっとってどんどん罪悪感など感じなくなっていくのでしょうか。慣れてしまうのでしょうか。
また、慣れということになると大学生の青年もリカに甘えることに慣れてしまってましたが、リカの玄関先ではっきりと「それはいけない」と言う姿はかっこよかったです。


「紙の月」映画化されたときから見たいと思っていたので、見れてよかったです。迷っている方はぜひ見てください。宮沢りえさんが綺麗です。

『八日目の蟬』 角田光代 感想

 今回は角田光代さんの『八日目の蟬』の感想です。2010年にドラマ化、2011年に映画化された作品です。ちなみに、私はドラマ化も映画化も知りませんでした。
f:id:chibicoro28:20160225132403j:image

読んでいて、東野圭吾さんの『手紙』を思い出した。被害者と加害者、その家族たちなど、ある事件を中心に関わりのある人たちを描いている作品。
『手紙』と違うところは、薫が被害者でありながら、被害者だとは知らずにに希和子を本当の母親だと思っているところ。1章で、希和子と薫の、本当の母娘であるようなふれあいを見せて、2章でその関わりがガラッと変わるところが面白かった。
また、1章では希和子の視点、2章で薫の視点に変わるところも、メリハリがあるし、2章では薫と同様に読者も罰を受けている希和子から距離をとるような形になるのが面白い。
2章の最後では、また希和子の視点に戻るが、読者が気になっているところを見せてくれたなという印象を受けた。

1章では、希和子の薫と共に生きていこうという強い気持ちと、自分では薫を幸せに出来ないのではないかという不安が、ずっと描かれていた。誘拐がいけないことだとは分かっているが、ここで希和子に同情しない人はなかなかいないのではないだろうかと感じた。母になったこともない私でさえ、希和子の複雑な感情を受信してしまい、希和子頑張れと応援してしまった。母になったことがないからこそかもしれないが。母になったことがある人は、人の子を誘拐する希和子に怒るのだろうか。気になるところだ。
2章で、本当の家族の元に帰ってきた薫が幸せになれないところもまた、希和子を応援したくなる要素だったと思う。
血のつながりだけが全てなのだろうかと考えさせられる作品だ。誘拐などされなくても、薫はこの家庭で幸せに過ごせなかったのではと考えると、血がつながってなくても本気で薫を愛してくれる希和子と一緒にいるほうが薫にとっては幸せなのではないだろうか。
八日目の蟬は幸せなのだろうか。千草の「つらいことばっかりじゃない」という言葉がとても心に残っている。八日目の蟬は、他の蝉より悲しいことも多いが、楽しいことも多いと思いたい。

個人的に、一番好きな場面は、薫が、希和子と離れ離れになる瞬間に「この子はまだ朝ごはんを食べてない」と希和子が叫んでいたことを思い出すところ。全然分からないが、母親ってこういうものなのかなと思った。子供がお腹いっぱいであることが幸せに繋がるような気がした。


1章では、それぞれに日付けがついていたため、希和子が書いた日記なのかと思って読んでいてたが、どうだったのだろうか。関係ない?
また、最後、希和子と薫はお互いに気付いてはいないが、すれ違う。ここは、少し予想通りすぎたような気がする。ずっと面白かったので、少し残念だった。

最近、親が子供を傷つけたりと悲しい事件が多い。家族の1つの形として、母の1つの形として、家族のことで悩んでいる人にぜひ読んでもらいたい。
そう言えば、26日の金曜ロードショーが「八日目の蟬」らしい。偶然のタイミングに、びっくり。バイト終わりに見れたら嬉しい。

角田光代さんの『空中庭園』を以前、授業で読んでとても面白かったので、今回他の作品を読めてよかった。
久々に本を読んで、やっぱり本好きだなと改めて感じた。

ピンクとグレー 感想? ネタバレなし

f:id:chibicoro28:20160121134143j:image

1月15日に映画『ピンクとグレー』を観てきました。私が思っていた何倍も面白く、また観たい!と思える映画でした。

今回はそんな素晴らしい映画『ピンクとグレー』をネタバレなしでただただおすすめしていくという記事です(笑)
下書きし始めてからずいぶん日がたってしまいましたので、内容があっていない部分あるかもです(><)
 
◎映画なんか興味ない!という方へ
◎映画好きだけど、今特に観たいものがないかなー。という方へ
◎中島裕翔さん、菅田将暉さん、その他出演者で好きな人がいるけど、原作知らないし…。という方へ
◎原作『ピンクとグレー』好き!だけど映画は別にいいかな。という方へ
加藤シゲアキさんが好き!原作『ピンクとグレー』も好き!という方へ
 
というざっくり5パターンに分けて、ざっくりおすすめしていきます(笑)
 
映画なんか興味ない!という方へ
1つの映画を観るというよりも、ごっちとりばちゃん(この2人の青年が主役。しかもイケメン!)の人生の一部(でも一部ではないような)を覗き見しているかのような、そんな映画です。
高いお金払ってただでっかい画面で観るだけなんて思わずに、自分の体と頭の先っぽが別の人の人生に触れる感覚を味わえる!と思えばそんな高いものではないと思います。
まあ、簡単に言えば、楽しく時間つぶししたい方におすすめします(笑)
もし、映画に興味がなくても、イケメンに興味はありますよね?????そんなあなたにぴったりの映画です♡
 
 
映画好きだけど、今特に観たいものがないかなー。という方へ
そんなあなたにおすすめしたいのが『ピンクとグレー』です!
『ピンクとグレー』は公開されたばかりなので(1月9日公開)1日の中でたくさん上映されるので、好きなタイミングで観れます。また119分という長過ぎず短すぎずな上映時間もいいかなと思います。
今だったら、スターウォーズ、妖怪ウォッチ、007など人気映画がたくさんありますが、意外と洋画やアニメが多く実写の邦画が少ないなという感じを受けます。邦画観たいなーと思った方はぜひ!
 
 
◎出演者で好きな人がいるけど、原作知らないし…。という方へ
原作知らなくても全然平気!むしろ原作読んでない方が惑わされないのでは!?と個人的に思っています。
そして、役者さんの演技、素敵です。
中島裕翔さん。彼をどうせジャニーズでしょ?顔がいいからでしょ?なんて侮ってはいけません。確かに顔はいいです。スタイルもいいです。が!それ以上に演技がいい!!観終わった時、ごっちは彼しか出来ないと思うはず。弾き語りが似合うイケメン第1位は間違いなく中島裕翔さん!夕日を浴びて歌う彼、観るべきです!!ジャンプファンの方、いかがでしょうか?
菅田将暉さん。圧倒的な演技力で、半端ない存在感を出していました。
1つの映画の中で、纏っている空気を変化させて、観客を翻弄しまくる菅田将暉さん。その振り幅は圧巻。あれ?これって菅田将暉だよね?鬼ちゃんだよね?と不安になるくらい。かっこいい場面も情けない場面も印象深い場面がたくさん。観終わった後、菅田将暉いいわぁ~♡って思わず言っちゃうはず。めちゃくちゃかっこいいです。
夏帆さん。も先の2人と同様に振り幅がえげつない。今までの夏帆さんのイメージがガラッと変わりました。てか、夏帆さん可愛い!同性でも彼女の色気にドキドキしちゃうはず。
全出演者さまが非常に魅力的に、この映画を盛り上げていると思います。お1人でも気になる俳優さん女優さんがいらっしゃるならば、ぜひ!映画館へ!!
 
 
原作『ピンクとグレー』好き!だけど映画は別にいいかな。という方へ
そんなあなたこそ観るべきです!原作を楽しめたなら、きっとこの映画も好きになるはず!
原作を読んで、想像していたことが、実際に映画館のスクリーンで観れるのって最高です!自分の頭の中のイメージが、形を変えてよりはっきりと鮮やかになったような感じ。
原作を読み終えた時のなんとも言えない感覚を、映画を観ることでもう一度体験できる!と思います!
また、映画はピンクとグレーというよりも、蛍光ピンクと黒というイメージ。キラキラしててでもドロドロしてる。加藤シゲアキさんがラジオかなんかで「オリジナルが6割くらい?かな」と言っていたと思います。オリジナルの6割と新たに加わる4割が、もう絶妙なバランスで成り立っています。見て損はない映画です!
 
加藤シゲアキさんが好き!原作『ピンクとグレー』も好き!という方へ
という方はもうきっと映画も見終わった後かと思うので、特に勧めることもありません(笑)
何回も観たという強者もいらっしゃるのではと思います。
皆さんの感想を読むのが楽しみです!!
映画は見終わった後にどれだけ人に話したくなるか、で面白い映画だったかどうか分かるような気がします。つまらないと思った映画でも何か話したくなるのなら、その映画は映画として成功だったのではないかと勝手に思っています。
『ピンクとグレー』に関しては話したいことがたくさんあります。また後日、ネタバレありの感想を書けたらなと思います。
 
 
さあ、皆さん!
映画館へレッツゴー!!
 

幸せ届きました!

こんにちは!
今日!ついに!会員証が届きました!!!!NEWS LIVE TOUR 2016の振込票も一緒に!
興奮で文章いつも以上に散らかってます。
f:id:chibicoro28:20160125182735j:image
慶ちゃん途切れてる、、ごめん。そして、カーペットの毛玉、、、。
会員証がキラキラしていてとっても可愛い♡財布に入れてるだけで、もう幸せです!ちなみに私の会員番号は16万台半ばくらいでした。
会報は、読み応えがある!という噂を聞いていたのでワクワクしながら読んでます!写真いっぱい、文字いっぱいで本当に読み応え満点!まだ途中までしか読んでませんが、「四銃士」観なおしたくてウズウズしてます。

とにかく、今幸せいっぱいです!笑
課題とか課題とか課題とかやらやけれはいけない事はたくさんありますが、今日はこの幸せに浸っていたい。


ここ最近ずっとソワソワしていました。FCに申し込んでから約3週間。ライブに間に合うんかな?忘れられてないかな?と落ち着かない日々。
これで一安心です。これからは、ライブでソワソワするんだろなと、楽しみです。
そして、振込票の書き方が微妙に分からない。勉強しよう。

だって彼が変わろうとしている

こんにちは!

3日前から、映画「ピンクとグレー」を観るために帰省していた。(なぜ島根でやってくれないの?)すっごい面白かった!!「ピンクとグレー」の感想も書きたいが、先に別のことについて書きたくてウズウズしてるのでこっちから書こうと思う。

今回、帰省した理由は「ピンクとグレー」がメインではあるがそれだけではない。2日に放送された全世界極限サバイバルと11日に放送された変ラボの録画たちを見るためでもある。(録画機能ほしい)
録画をちゃんと見るまでは感想が書かれているブログは絶対見ない!と心に決めていたので割となんの先入観もなく見れたと思う。


とりあえず、まっすーだけのざっくりとした感想をここでは語りたい。
全世界極限サバイバル
1番に言いたいことは、無事に帰ってきてくれてありがとう!!お帰りなさい!お疲れ様です!
私はこの番組にまっすーがでるということを知った時、なんだか素直に喜べなかった。予告で流れるまっすーにはヒゲが生えていて、私が見てきたアイドルまっすーからは想像もつかないような険しい表情をしていたから。私のまっすーのイメージ(丸くて白くてふわふわできらきらでにこにこなまっすー)を潰されるんじゃないかと思って少し怖かった。そして、それ以上に、ヒゲ生えて髪ボサボサで笑わないまっすーを見て、嫌いになるのが怖かった。本当に勝手にそう思っていたのだ。
でも、見た。まっすーファンの私にとって、この番組を見ないっていう選択肢は元からなかったようだ。
私の心配はなんの意味もなかった。取り越し苦労に終わった。だって、まっすーが本当に極限で危ない状況にいる中で、ファンに嫌われないかどうかを心配していたから。だって、枕にしようとタオルの皺を伸ばしたりリュックが濡れないように投げたり(ギリでびちょびちょになったり)していたから。だって、何日も洗っていないシャツをプロデューサー巻きにしているまっすーはなんでかスタイリッシュに見えたし緑の上着はまっすーに似合っていて可愛かったから。
サバンナにいたって、ヒゲ生えていたって、笑顔がなかなか見れなくたって、ちゃんとまっすーだった。当たり前だけど。今までと軸っていうか根っこっていうかそんな部分は一緒で安心した。ただ、今まではあまり見せることがなかったり隠したりしていた一面を見せてくれたのだ。まっすーの新たな一面を見たんだ。もっと好きになっちゃうに決まってる。


変ラボ
こちらはとにかく予告の時点で楽しみだった!!!まっすーが20人の女性を相手にだって!OH!20人分妄想できるやん!なんてアホみたいに思っていた。
実際に見たら、男増田全開で私のテンションはだだあがり!!
壁ドン!やばすぎ!!うちがされたら絶対腰抜けとうわ!!!!
UBCやって!あれ鼻に突っ込まれそうで怖くね!?まっすーの人差し指めっちゃかっこええやん!!!
マフクイやって!まっすーかっこええ!!首の骨折りにきとうやん!まっすーになら折られても身体近づけたいよ!
ヅカ抱きやばい!!!まっすーの吐息を耳元で聞けるの!?!?まっすーのしっかりした胸板を背中で感じてもいいの!?!?なんて贅沢な!!!!
とにかく叫びまくってしまった。今までまっすーは恋愛と関係あったり連想させるような言動をあまりテレビでしてこなかったと思う。そんなまっすーがTVショーで20人の女性を胸キュンさせる日がくるなんて!アドリブも自然でまじでまっすーかっこよかった。まっすーは妖精じゃなくて男性だったんだね☆ってなんか思ってしまった。
とか言いつつ、私が今回1番好きなまっすーは、ジャニーズと言えばターンと笑顔、ということで綺麗なターンとアホみたいに可愛らしい笑顔を見せてくれたシーンだ。
まっすーの新たな一面に私はまだついていけていないようだ。しかし、女性との絡みならではの身長差だったり手の大きさや身体のごつさにキュンキュンしたいので、また女性と絡んでほしいとワガママに思っている。もちろん、女性との絡みがなくても見るたびに胸キュンしてる♡


全世界極限サバイバルも変ラボも今までのまっすーなら想像も出来ないようなことをして、それを私たちに見せてくれた。2016年、増田貴久は変わろうとしていると思う。変わることを彼が望むならそれから目をそらさず見ていたいし応援したい。(何でもかんでも応援するつもりはないけど、まっすーなら何でもやる前にしっかりと考えると思うから、たいていのことは応援できると思う)そんな彼を見て、私はきっともっと増田貴久を好きになる。
2016年、彼にとってもファンにとっても大きな1年になるだろう。彼の新しい挑戦を全力で応援したい。


ハイパーかっこいい4人組をご存知ですか?

こんにちは!

今回はNEWS初のDVDシングル『四銃士』の感想です。ざっくりと。
f:id:chibicoro28:20160107205902j:image
 
買って満足してしまった部分があって、まだ観ていなかった。『ヒカリノシズク/Touch』が届く前に観なければ!と、つい先ほど観た。
 
PVを観てまず思ったことがNEWSってこんなにかっこよかったっけ???
かっこいいのは前から分かってたし、かっこいいNEWSが大好きだ。のに、このPV観てNEWSってこんなにかっこよかった?と思った。今までのNEWSのかっこよさから更にかっこよくなったような気がした。ちゅむちゅむいんでぃあ〜と同一人物で間違えないよね???NEWSの振り幅はんぱねぇ!!
大人っぽくてお洒落なPVはNEWSの格好良さが全開だった。オーケストラバックに歌って踊る姿は今までの4人よりもグッと勇ましく感じた。

NEWS4人も最高にかっこよかったが、指揮の西本智実さんも本当にかっこよかった。両腕振ってあの人数分の音を操っている後姿は力強くてかっこいい。NEWSとの対談ではわかりやすい言葉で話してくださったり、NEWSを自然に褒めてくださったり。落ち着いた話し方もとてもステキだった。強い女性という言葉がぴったりな気がする。親がクラシック好きなのでまた一緒に聴こうと思った。
 
 
ここからは今をときめくスーパーグループのメンバーを1人ずつ。
まずは小山さん。あれ?小山さんてこんな顔だったっけ??こんなにイケメンだった??こんなに落ち着いてた??4人で横1列で歩くシーンで、小山さんの堂々とした姿が本当にかっこよかった。なんか慶ちゃんて呼びにくいよ…>_<…
かっこよすぎるよ…>_<…
あと、こんなイケメンがいるジムなら毎日通うよ。あ、プライベートジムか☆
手越さんにアヒル顔どーのこーのいう小山さんが孫と親戚のおじさんみたいに見えた、ごめんよ(笑)
あと幽体離脱のコヤシゲに爆笑した。
なんだかんだ西本智実さんとの対談での小山さんが1番かっこよかった。安定感にほれぼれした。
 
次にシゲ。英字新聞と美人秘書とシゲアキというどっかの有名ブランドの宣伝に使えそうな組み合わせをありがとう。まじでシゲにぴったりな空間だと思った。スタイリッシュシゲアキ。
なんでやろ、シゲの顔ちっせえ!っていう印象が強すぎて他のことあんまり覚えてない…>_<…
コガオシゲアキ。シゲくらいのイケメンなら顔大きいほうが遠くからも見えるし得じゃね?とかいらんこと考えてた。
 
そして手越さん。ウインクで生き延びることができることを教えてくれた。ただし手越祐也に限る。
まじ手越祐也すごい。これを誰の指示でもなく自然にやっちゃう手越さん。追いつけないョ…>_<…
シゲと同様に、あのウインクの印象が強すぎて他のことあんまり覚えてない…>_<…だって、あそこでウインクするなんて思わないじゃん…>_<…
まっすーのけん玉で、「全然うまくねーじゃん」ていう手越さんが素な感じがすごくて可愛かった。
 
最後にまっすー。まっすー×香水を提案してくださった方に鮭を送りたい!!(今、私の家に鮭がめちゃくちゃあるんだ。消費したいからとかじゃないよ!)
こんな男の色気だだ漏れなまっすーをPVで見れるとは思ってなかったから、とっさに声も出なかった。まっすーの喉仏だけで、なんか辛くなる。喉仏にかっこいいとかあるかわからないけど、まっすーの喉仏は確実にかっこいい。
白いカーテンも鏡ごしも、ああ!こんなに素敵なコラボがあったんか!と脱帽。
無造作な感じのヘアセットも白い肌も広い肩幅も睨むような目つきも、本当に全部が全部かっこよかった。
合間にまっすーと西本智実さんが談笑しているところも好きだ。礼儀正しくて社交的で、そんなところ本当に尊敬してる。私はダメダメだから。
メイキングのけん玉まっすーも柱からヒョッコリまっすーも抜群可愛い♡個人的には胸の前でする拍手が好き。拍手するとき指輪が当たってカシャカシャ鳴ってんのも大好き。
 


文章が散らかってるけど、何が言いたいかって、初めて発売日に買ったNEWSの音楽が『四銃士』でよかったってこと。
 
最近友達にNEWSきてるよ。って言ってもらってる。新曲だすし、CMもできた。2016年、NEWSが今をときめくスーパーグループになるだろうと感じている。